top of page
  • sensuido

YOASOBI

昼のカンムリワシとの熱い戦いも冷めやらぬまま、舞台は夜の森へと移行するのです。

何だか普段潜っている時よりもハードな気がするのだがど〜ゆ〜こと😅

撮影は石垣島に2週間に及ぶ長期滞在(内台風で帰れず更に3日程延長)ですが、潜れたのは1日だけ!というある意味伝説となったゲストのたけしゃんです。


森に突入することものの数分で出ました!

戦争の悪魔👿

もとい、リュウキュウコノハズクです🦉

撮影はストロボではなくライト撮影です。

ヨルの鳥はそうやって撮るそうです。ふむふむ。

普段使っている大光量の水中ライト大活躍です!RGBLUE強強剣!

(このところまともに活躍できなかったので・・・)

リュウキュウコノハズク
リュウキュウコノハズク発見!

目力!目力!

リュウキュウコノハズクのアップ
リュウキュウコノハズクのアップ

これまた・・・

穴が開くほど見つめられてますw

身体を奪われそう💧

大きく目を見開くリュウキュウコノハズク
目力強い!リュウキュウコノハズク

びっくりすると耳?みたいのが立ちます。

みんながイメージするコノハズクって感じかな?

羽角立てたリュウキュウコノハズク
羽角立てたリュウキュウコノハズク

数はね〜多いんです。鳴き声がするとこ探すと複数羽見つけられちゃいます。

この写真はペアで。

枝に留まる2匹のリュウキュウコノハズク
枝に留まる2匹のリュウキュウコノハズク

これ飛び立つ瞬間1秒前位?

ぐぐって力込めてますね

リュウキュウコノハズク
飛ぶよリュウキュウコノハズク

そして、バサバサっと!

耳のようなものも立ってますね

こう見るとさすが猛禽類って感じします。

この耳のようなものは羽角というそうです。例外はあるようですが羽角があるのがミミズクの仲間で、無いのがフクロウの仲間ということですかね。

因みにコノハズクは最小のミミズクの一種だそうです。

飛び立つリュウキュウコノハズク
飛び立つリュウキュウコノハズク

本当は他のミミズクの仲間とかフクロウの仲間も見たかったんですが、最後まで出てきたのはリュウキュウコノハズクのみでした・・・

そんな感じで魅惑の森のYOASOBIは終了です。


明日はいよいよたけしゃんが石垣島から飛び立ちます!

多分、大丈夫のはず!?

だよね



今週末からいよいよお盆休みですね〜

さて、そろそろ海に帰るとしますかw

閲覧数:62回1件のコメント

最新記事

すべて表示

1 Comment

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
Guest
Aug 08, 2023
Rated 5 out of 5 stars.

えー、鳥も❣すごいですね❣

Like
bottom of page